手縫いカバンを作るための道具たち

髭じいの手
髭じいの手

まずは髭じいの手

一応いろんな道具を操るしわしわの手です。

革包丁
革包丁

ご注文頂いたカバンのサイズに合わせ、この革包丁で革の裁断をします。場合によってはカッター使用することも有ります。

菱目打ち
菱目打ち

みなさん手縫いって説明すると裁縫をイメージされる方多いですが、革を裁縫のように手縫いすることは出来ません。まず、この菱目打ちで縫い進める為の針を通す穴を革に開けます。

針

縫い方にも色々ありますが、基本的には一本の糸の両端に針を通し、一つの穴を両方から針を通し縫い進めます。針は洋裁とかの針に比べると先がすこし丸くなっています。

糸

糸は基本的に麻糸を使用しますが、お客様のご希望で色糸を使うことが有りますが、カラフルな色糸はポリエステルです。手縫いの糸はかなり太くてロウをしみこませた糸を使用します。

菱切り
菱切り

菱目打ちが一本になったような道具です。カバンを組み立てて胴とまちを縫い合わせるときに一目づつこの菱切りで穴をあけ縫い進めます。

その他大勢
その他大勢

カバンを一つ仕上げるのにはその他いろんな道具を使用します。木槌、定規、ゴム板等、時には自分で使い勝手の良いように自作する道具も有ります。そんな道具達の働きによってやっとカバンを仕上げることが出来るんです!!