感激・・・・・


毎日郵便屋さんが来るのは昼頃、今日も昼ご飯を作っていたら郵便受けが“カタン”って音がした

 

昼ご飯の準備が終わって、「そうそう、郵便が来たなあ」と独り言を言いながら郵便受けを見ると、髭じい当ての手紙が

 

“達筆やなあ、こんな字が上手い知人はおらへんで”と思いながら開けてみる見ると・・・・見事な筆文字

 

送り主は見覚えの無い名前・・・・

 

見事な文面を読むと、先日、知り合いを通じて作らせて頂いた巾着のお客様だった

 

気に入って頂けた様子が達筆な筆文字で綴られていて、安心すると同時に髭じいは感激してしまいました

 

近年は“手紙”を書くという行為自体本当に無くなって、改めて読み返すととても新鮮であり、書かれた文字から気持ちが伝わってくるメールには無いすばらしいツールだと思うんですよ

 

それと、物を作る者として作り出した “もの” はある意味子供のような存在で、お届けした時に気に入っていただける物作りは基本だけれど、全てが理想通りにはいかない訳で、直接お届けの時は毎回緊張感の中お届けします

 

ですからこうして喜んでいただけると安心と同時に“あぁ、作って良かった”と純粋に思うんですね

 

物作りや人間関係もそうですけど、何か一手間かける気持ちってとても重要ですよね、こうしてわざわざ筆で手紙をしたためて頂くだけで気持ちが伝わってくる

 

だから髭じいも手縫いにこだわっているんですが・・・(^_^)v

 

今日はとても幸せな気分で一日過ごしました(*^_^*)

 

コラボ企画も進行中・・・・・具体的になればご報告します!