秋祭り(^^)/

昨日は地域の秋祭りの日じゃったんよ


昨年は当屋区(祭りを取り仕切る区)だったんじゃけど、今年は各地区から一人鳥毛持ちっていう役で参加してきたよ~


長い棒の先に鳥の毛が付いた棒を持って神社までの道程を行列して歩くんじゃけどねえ、神社は小高い山の上にあって、羽織・袴姿で登るんよ・・・・(>_<)


地域の高齢化でこの役は、ここ数年毎年髭じいに回ってくるんじゃけど、流石に年々神社まで羽織り・袴は厳しくなってくるねえ(^^;)

秋祭りの主役はなんといっても“奴行列”


行く先々で口上を言いながら毛槍を振り回すんじゃけどねえ、顔には歌舞伎の“隈取り”のような化粧をしとるんよ


髭じいが子供の頃は子供の数もかなり居たし、若い娘さんもかなり居て町中に活気があった時代だったから、奴さんが子供や娘さんを追いかけて、腰にぶら下げてる唐辛子を顔にこすりつけられるという威勢の良い祭りだったんよ


子供の頃は奴さんが町中を練り歩くから、怖くてあっちこっちに隠れるんじゃけど、見たい気持と怖い気持で隠れたり逃げたりしてたのを思い出す(^o^)


今は超高齢化した町で、奴さんも怖い隈取りの化粧とは逆におとなしい奴さんでちょっと寂しい気もするのは髭じいだけかねえ(-_-)