久々の完全手縫いかばん

最近、ヌメ革のオーダーが無かったので手縫いで縫うのは久しぶりだったけど、やっぱり手縫いのかばんはええなあ(^o^)

 

生成りの麻糸もやっぱり映えるしね

 

今回はビジネスバッグです。こういうハンドル付きのかばんは作り方自体は分かるのですが、実際にオーダー頂いて作るのは初めて

 

鍵を付ける位置とかハンドルの微妙な太さとか・・・・・

 

今回も勉強させて頂きました(^^;)

 

やっぱり実際に作って見るもんやね、実際に作ると細かい部分で反省点が有りますよね

このビジネスバッグは背負えるようにもなっていますが、背負うのはあくまでも補助的な機能なので本体の金具も目立たないように・・・

 

だらしのない後ろ姿で申し訳ない(^^;)

 

栃木レザーのヌメ革なのできっと良い色にエイジングしていくこと間違いないので、使い込んで良い色になったらまた見せて欲しいなあと思います

これは先日のすみれ祭りでご注文いただいていた二つ折り財布

 

紺色のヌメ革にすみれ色の糸で手縫いしていますが、すみれ色の糸が画像では分かりにくいんだけど、とても紺色と合っていて良い感じに仕上がりました

こうして久々に手縫いのお仕事をさせていただくと、普段いかに手縫いの良さをアピール出来ていないかを痛感させられます

 

余談ですが、超有名なエ○メスの百万円以上する高級バッグ “バ○キン“ って手縫いだって知っていますか?

 

高級ブランドのバッグは沢山ありますが手縫いのバッグは他には無いと思います

 

私の手縫いのかばんが同じ価値があると言いたいわけではありませんよ(^o^)

 

ただ、一針一針心を込めて縫っているという部分だけは一緒です

 

来月は春の “オキウラマルシェ” があります

 

頑張って作らねば!!(^_^)v