クロコバッグのリメイク完成!

確か昨年末、関西の方からお電話でバッグのリメイクの相談を頂きました

 

なんでも亡くなられたお母様が使われていたバッグとのこと、お話の中で“おかん”という言葉が出てきて、長い間大阪でサラリーマンしてた自分にとってはとても懐かしい響きでした

 

広島弁もかなり荒っぽくて怖いと言われますけどね(^^;)

 

関西の人が使う“おかん”は“おかあちゃん大好き”という表現でもあると思っていて、特に男性が使う“おかん”はそうだと感じています

 

お話の中でそんなことを考えながら何度か打ち合わせをし、一度は自分の技量不足でお断りしようかという場面もあったのですが、最終的にお受けすることになりました

傷つけないように解体作業へ・・・・

 

毎回解体作業に入る瞬間、刃物を挿す時は“後戻りできない”と言った感じの覚悟が必要で緊張します

 

解体後は必要なパーツの型紙をあてて材料が足りるか確認します

 

今回はこの材料からラウンドファスナー財布1ヶ、コインケース2ヶ、カードケース1ヶをオーダー頂いているので、必要な材料に縫い目やパーツが付いている場合はどれをどうカバーするか検討します

 

今回はラウンド財布の材料の真ん中に鍵穴の縫い目があるので、そこに刻印を押したレザーをあてて隠すことにしました

カードケースは現在お使いのカードケースから、お気に入りのシルバースカルを付け替えて欲しいとのご要望で、何とか付け替えしました

 

大切な人の使っていた物が形を変えて新たなものとして使われる・・・・

 

ラウンド財布の縫い目隠しの革にはご依頼者の気持ちを文字にし刻印・・・・

 

きっと“おかん”は喜んでくれてると思うと歳のせいかこみ上げてくるものを感じながら梱包をしました

今日のお昼の一品「手羽先と里芋の煮物」

 

美味かった(*^_^*)